「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド15

2年間のビタミンK2により腰椎骨塩量の維持効果が見られました。
Shiraki M et al.: Journal of Bone and Mineral Research, 15(3), (2000)

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ