「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド16

腎機能正常の高齢女性に比して透析患者では血清ビタミンK2濃度は低かったが、その内二次性副甲状腺機能亢進症症例に比し、低PTH濃度の患者ではさらに低値を示しました。
Nakazawa, R., et al. JSDT 31:587, 1998、
* Kanaki, M., et al. Jap. Geront. Med 32:195, 1994

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ