「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド17

透析患者において初めて行われたビタミンK2投与の骨塩量 に与える効果に関する臨床研究である。MD法のうちMCI(皮質骨幅)が増加しました。
Kurihara, R., et al. JSBMR 10:233, 1992

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ