「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド22

LuoらはMGPノックアウトマウスを作成した。左は大動脈系の全体標本だが大動脈弓や大動脈弁に著明な石灰化をみとめる。右のミクロ像では黒い部分が石灰化です。このことからMGPは動脈硬化や異所性石灰化の予防に働いている可能性が強く示唆されました。
Luo G et al.: Nature, 386,79-81(1997)

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ