「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド4

腎性骨異栄養症には種々の異なった骨病変が存在します。また骨量減少の原因として閉経によるエストロゲン不足、高齢、糖尿病による骨量減少などの腎不全以外の原因も関与していると考えられます。低PTHを呈する無形性骨もその一つです。

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ