「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド5

慢性腎不全において一般的に未治療の場合には高PTH血症による線維性骨炎の病理変化が主となります。しかしながらPTH値の低下によりそれ以外の二次的な骨量減少の原因が前面に出てくると考えられます。すなわち無形成骨の病態には原発性骨粗鬆症の病態が関与している可能性を示唆します。

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ