「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド6

血清PTH値が高くない患者は全国調査でも多数を占めていることが分かります。
平成8年度厚生科学研究
長期慢性疾患総合研究事業(慢性腎不全)研究報告書, 1997

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ