「ROD診療に役立つ骨粗鬆症の診断と治療―無形成骨と骨粗鬆症の共通点」
スライド7

この図は腎機能正常者において年齢とともに骨量が減少する過程を示しています。女性では60歳前後で、男性では80歳前後で平均的に骨量がYAM(若いときの平均骨量)の70%を切り、骨粗鬆症に入っていくことが分かります。すなわち、PTH値が高くないこの年齢に該当する患者には骨粗鬆症による骨量減少を病態として考える必要があります。

前のスライドへ]|[次のスライドへ
スライド一覧へ