1.腎臓の構造と体の中での場所


腎臓は図1のように左右一対からできていて、 右の腎臓の上半分は肝臓の後ろにあり、左の腎臓はおおよそ脾臓や胃の後ろ側にあります。

このため腎臓結石や急性腎盂腎炎など腎臓に痛みを感じる病気の場合は通常背中に痛みが走ります。

位置は第12番目の肋骨(一番下の肋骨)が脊椎(第12胸椎)につながる部分です。

急性腎盂炎の場合はこの位置をたたくと激痛が走ること(殴打痛という)が診断につながります。

腎臓には心臓からの血液が直接1分間に約200ml腎動脈を通ってそそぎ込まれます。

一つの腎臓は約100万個のネフロンという一つ一つが腎臓の働きをする単位が集まってできています。

 

  1 腎臓の位置

 
図2 ネフロン

ネフロンとは図2のように糸球体とそれにつながる尿細管からできています。
糸球体は腎動脈から分岐して細くなった腎細動脈に繋がっている、かご状の血管の網の目です。
ここを血液が圧力をかけて通過すると、ちょうどお豆腐を作るときのように尿が漉し出されます。この漉し出された尿がボーマン嚢という糸球体を包む袋によって集められ尿細管へと流し込まれ
ます。

よく腎臓の働き(腎機能)とよばれるのはこの糸球体の濾過量(クレアチニンクリアランス検査で調べる)を言います。

この糸球体でこし出された尿は原尿といって、1日に120L(通常の尿量の約100倍)も作られています。
この原尿は尿細管を通る間に99%までが再吸収されて血液中に再び戻っていきます。

このため実際の尿の量は1日1.2〜1.5L前後になります。
もちろん、水分をとる量が少ないとその分もっと尿は濃くなり尿量が減少するし、たくさん飲めば尿は薄くなり尿量 は増えることになります。ちなみに1日500ml以下または3000ml以上の尿は異常と言えます。

 

 

このようにして体が乾いたり(脱水という)、体が水膨れになる(溢水という)のを腎臓は防いでいるのです。
こうして一つ一つのネフロンで作られた尿は腎盂というロート状の部位に集められ、尿管を通 って膀胱へ注がれます。

この尿細管は他にもとても大事な働きをしています。

ビタミンDを活性化します。(体で働くようにすること)
だから腎不全になるとビタミンDが欠乏します。
赤血球をつくるエリスロポエチンというホルモンを作ります。
腎不全になると貧血が進むのはこのためです。
ミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなど)の調節をします。食事でとった塩(NaCl)はほぼ同量 が尿から排泄されます。
(10g食事で取ればその分がおしっこに出てしまいます。)
体でできた老廃物を排泄します。
たとえば蛋白質の燃えかすである尿素はそのほとんどが尿から排泄されます。
体でできた酸(細胞が働くと酸が生まれる)も尿から排泄されます。
細胞は酸にとても弱いのでこの働きはとても大切です。

これらのはたらきは腎不全(腎臓の働きが70%以上失われた状態。 90%以上失われると透析療法が必要になる)になると多くが失われてしまい尿毒症(末期腎不全ともいう)という状態になるのです。 また腎不全ではなく尿細管の特定の部分だけが障害を受けて、これらの働きの一部だけが失われる病気もあります(尿細管機能異常症という)。

 

menu1.腎臓の構造と体の中での場所2. 腎臓病の種類3. 尿に蛋白が出たら
4.尿に血液が出たら5. むくんだら6. 腎不全とは7. 血液透析とは8. CAPDとは
9. 腎移植について10. 腎臓病の食事療法11. 腎臓病で使用する代表的な薬


copyright
本サイトが提供する、文書、映像、音声、プログラムなどを含む 全ての情報を、著作権者の許可なく複製、転用することを固くお断りいたします。