11.腎臓病で使用する代表的な薬

この表を見るときの注意事項
  1. ここでは内服薬のみをあげています。

  2. 副作用はほとんどが稀(数%以下の起きる頻度)なので、医師と患者がその危険性を熟知していれば十分防げるものです。
    副作用が極めて重篤になる場合は厚生省から警告が発せられます。
    副作用の欄にはその薬に特有なものだけを上げています。

  3. 抗生物質(細菌を殺す)は種類が多いので表からは除いてあります。
    しかしながら腎機能が低下すると多くの抗生物質は副作用が現れやすくなるので注意が必要です。

  4. 同じ成分(一般名が同じ)なのに異なる会社から違う名前(商品名)で販売されている薬があります。

  5. 多くの薬はあるほかの薬といっしょに服用すると作用が弱まったり、逆に強まることがあるので注意が必要です。

一般名
薬に共通な名称
または効能による種類
商品名
同じ薬でも違うメーカーから違う名前で発売されていることが多い
効果
目的となる病気
副作用
(主なもののみ)
一緒に飲んでは
いけない薬
(併用禁止薬のみ
注意薬は含まない)
アセチルサリチル酸
(少量)
小児用バファリン
アスピリン
血栓をできにくくする 静脈血栓
脳血栓予防
狭心症予防
血が止まりにくくなる
こともある
(怪我や抜歯のあと)
 
ワルファリンカリウム ワルファリン 血栓をできにくくする 血栓症 血が止まりにくくなる ビタミンK,納豆
ジミリダモール ペルサンチン
アンギナール
血栓の予防
尿蛋白を減らす
慢性糸球体腎炎
狭心症
心筋梗塞
狭心症の悪化
(稀に)
出血しやすくなる
(ほとんどない)
 
塩酸ジラゼプ コメリアン
血栓の予防
尿蛋白を減らす
lgA腎症
狭心症
心筋梗塞
頭痛
めまい
不眠
肝障害
皮疹
 
尿酸降下薬 アロック
ザイロリック
ユリノーム、フェブリック、他
血清尿酸値を下げる 高尿酸血症
痛風
血小板減少症
肝障害
発疹
 
ニフェジピン
(最も古いカルシウム
拮抗薬の一種)
アダラート 血圧を下げる
冠動脈を開く(狭心症)
本態性高血圧
腎性高血圧
狭心症
紅皮症
無顆粒球症(重大)
肝障害
腎障害
女性化乳房
歯肉出血
胸痛
グレープフルーツ
ジュースと一緒に飲まない(効果が強くなる)
新しい
aカルシウム拮抗薬
アムロジン
ノルバスク
コニール
カルスロット
ニバジール
ペルジピン、他
血圧を下げる
冠動脈を開く(狭心症)
本態性高血圧
腎性高血圧
狭心症
無顆粒球症
心室性期外収縮
肝障害
腎障害
歯肉肥厚
女性化乳房
グレープフルーツ
ジュースと一緒に飲まない(効果が強くなる)
アンギオテンシン
a変換酵素(ACE)
aa阻害薬
カプトリル
レニベース
セタプリル
アデカット
インヒベース
ゼストリル
ロンゲス
チバセン
タナトリル
ノバロック
エースコール
コナン
オドリック
プレラン
血圧を下げる
腎保護作用
尿蛋白を減らす
高血圧
腎性高血圧
腎血管性高血圧
血管浮腫
急性腎不全
空咳
肝障害
皮疹
無顆粒球症
 
アンギオテンシンII
a受容体
aaアンタゴニスト
(阻害薬)
ニューロタン
アバプロ
ニューロタン
ミカルディス
ブロプレス
ディオバン
オルメテック、他
血圧を下げる
腎保護作用
尿蛋白を減らす
高血圧症 血管浮腫
肝炎
腎不全
 
利尿薬 ラシックス
ルプラック
アルダクトン、他
尿量をふやす
むくみを取る
浮腫
高血圧
心不全
尿路結石の排泄を促進
低カリウム血症
肝性昏睡
大量で難聴
テルフェナジン
アステミゾール
(心室性不整脈をおこす)
活性炭 クレメジン 血清尿素窒素値を下げる 慢性腎不全 便秘  
活性型
ビタミンD3剤
アルファロール
ワンアルファ
ロカルトロール
オキサロール、他
血清カルシウム濃度を上げる、血清PTH濃度を下げる 二次性副甲状腺機能亢進症
低カルシウム血症
高カルシウム血症
無形成骨
 
リン降下薬 レナジェル
フォスブロック
ホスレノール
カルタン、他
血清リン濃度を下げる 高リン血症 便秘、下痢  
エリスロポエチン製剤 エポジン
エスポ
ネスプ
ミルセラ
赤血球を増やす 腎不全が原因の貧血 高血圧
頭痛
 
ステロイド製剤 プレドニン
プレドニゾロン
ソルメドロール
免疫を抑える
その他
ネフローゼ症候群
慢性糸球体腎炎(一部)
SLE
薬アレルギー
アレルギー性急性腎不全
糖尿病
胃潰瘍
感染を起こしやすくなる
精神症状
にきび
顔が丸くなる
 
免疫抑制剤 タクロリムス
セルセプト
ネオーラル
エンドキサン
イムラン、他
免疫を抑える 一部の難治性ネフローゼ症候群や慢性糸球体腎炎(一般 的ではない)
腎臓移植後の拒絶反応を抑える
膠原病
   
炭酸ナトリウム 重曹
メイロン
血液をアルカリにする アシドーシス
(血液が腎不全で酸性に傾く)
浮腫
呼吸抑制
 
ジゴキシン ジゴシン
ジゴキシン
心臓の力を強める 心不全
心房細動
徐脈
食欲不振
嘔吐
(いずれも過量で)
 
カリウム降下薬 カリメート
ケイキサレート
血清カリウム値を下げる 高カリウム血症 低カリウム血症
便秘
腸管穿孔
 



menu1.腎臓の構造と体の中での場所2. 腎臓病の種類3. 尿に蛋白が出たら
4.尿に血液が出たら5. むくんだら6. 腎不全とは7. 血液透析とは8. CAPDとは
9. 腎移植について10. 腎臓病の食事療法11. 腎臓病で使用する代表的な薬


copyright
本サイトが提供する、文書、映像、音声、プログラムなどを含む 全ての情報を、著作権者の許可なく複製、転用することを固くお断りいたします。