Last Updated 2007/03/12
検査・診断について
透析や移植につての基本][透析患者さんのために] [治療法・薬について
多発性嚢胞腎について][慢性腎炎について][腎臓移植について][その他

●1.

尿に蛋白が出ていると言われました。どんな病気が考えられますか。

●2.

血尿が出ました。どんな病気が考えられますか。

●3.

腎臓にのうほうがあるといわれました。どんな病気が考えられますか。

●4.

クレアチニンとはどんな検査ですか。

●5.

腎機能を調べるにはどうしたらよいですか。

●6.

尿素窒素ってどんな検査ですか。

●7.

尿酸値が高いと言われました。どのように食事に気をつけたらよいでしょう。

●8.

私は腎機能が悪いのですが、造影剤を使っても大丈夫ですか。

●9.

PTH(ピーティーエイチ)って何ですか。

●10.

腎臓が萎縮していると言われました。どのような病気が考えられますか。

●11.

腎性貧血と言われました。輸血はしなくてよいのでしょうか。

●12.

尿検査の意味を教えてください。

●13.

腎生検とはどういう検査ですか。どういう場合に必要なのですか。危険性は?

●14.


人間ドックの腹部超音波で、片方の腎臓の中に小さな「ポリープがあ る」 といわれました。症状はないのですが、今後どのように対処したらいいでしょう か。また、早期に手術が必要でしょうか?

●15.

ビタミンCを服用すると検尿に影響ができますか?

●16.

尿蛋白が陰性になったのですが、それでもIgA腎症は一生治らない病気なのでしょうか?

●17.

65歳でこの10年間尿蛋白が陽性です。腎生検を受けたほうがよいでしょうか?

●18.

腎生検によって推定された腎機能はどのくらい正確なのでしょうか?

●19.

慢性腎臓病とはなんですか?

●20.

腎機能が悪くなってきたので食事療法が必要と言われました。
どのようにしたら良いでしょう


1.尿に蛋白が出ていると言われました。どんな病気が考えられますか。

慢性糸球体腎炎です。また未成年の場合は起立性蛋白尿といって、寝ていれば蛋白は出ないが立っていると蛋白が出ることがあります。これは無害で成人すると良くなります。妊娠後期(28週以降)に蛋白が出れば妊娠中毒症の疑いが強いです。また高熱を出すと蛋白が出るのは腎臓が悪いわけではありません。




2.血尿が出ました。どんな病気が考えられますか。

血尿の原因は腎臓結石、尿管結石、腎癌、膀胱癌、前立腺癌、腎臓の血管異常、そして慢性糸球体腎炎(特にIgA腎症)などがあります。最後の慢性糸球体腎炎以外は蛋白は一緒に出ません。血液だけでなく濁っている場合は急性腎盂腎炎や膀胱炎、前立腺炎などの細菌感染が考えられます。この場合は熱が出ます。




3.腎臓にのうほうがあるといわれました。どんな病気が考えられますか。

両方の腎臓に多数のう胞があれば多発性のう胞腎です。数個以内であれば単純性のう胞と言ってあまり心配は要りません。




4.クレアチニンとはどんな検査ですか。

血液検査で腎臓の働きを知ることができる検査です。CRと略号を使うこともあります。腎機能(腎臓の働き)が正常ならば年齢と男女で異なりますが0.5〜0.9程度です。腎機能が低下すると次第にこの値が増加し、2.0を超えると腎機能は30%以下、8.0mg/dlを超えるとほぼ5%以下となり透析による治療を行わないと生命に危険が及びます。この値を使ってこのホームページの最初にある[腎臓の働きを知る]を使ってご自分の腎機能を計算してください。




5.腎機能を調べるにはどうしたらよいですか。

血液中のクレアチニン値から糸球体濾過量(GFRジーエフアールと略す)を計算して腎機能(腎臓の働き)を知ることができます。その計算はこのホームページで可能です。腎機能が正常ではこの値が90%以上となります。年齢により健康でも次第に低下していきますが、60%未満は年齢にかかわらず腎機能が低下していると言うことができます。




6.尿素窒素ってどんな検査ですか。

血清クレアチニン値と同様に腎機能が低下すると上昇します。尿素窒素/クレアチニンが10〜15になるように食事療法をします。また、胃や腸に出血したり、十分にカロリーがとれないとこの比率が上昇します。




7.尿酸値が高いと言われました。どのように食事に気をつけたらよいでしょう。

尿酸はラーメン(特に豚骨)、干物、納豆、肉類で高くなります。減らすように心がけましょう。




8.私は腎機能が悪いのですが、造影剤を使っても大丈夫ですか

腎機能を低下させる危険性はあります。予防としては造影剤の使用を必要最小限とするのと、十分前後に水分を取って脱水にならないような注意が必要です。ただし、腎臓の働きが30%未満(血液中のクレアチニン値が2.0以上の場合は腎機能の低下を予防するために血液透析を直後に一度だけ行うことが必要な場合があります。




9.PTH(ピーティーエイチ)って何ですか。

副甲状腺ホルモンの英語を省略したものです。
副甲状腺とは甲状腺の裏に通常4個ある米粒の半分ぐらいの大きさの器官です。そこから出されるホルモンは腎臓が正常ならば血液中のカルシウム濃度とリン濃度を正常に保つ重要な働きをしています。




10.腎臓が萎縮していると言われました。どのような病気が考えられますか。

片方だけなら胎児のときに一つの腎臓がうまくできなかった先天性低形成が考えられます。両方とすると慢性腎臓病が進行して腎臓の働きが低下してきている可能性が高いです。血液中のクレアチン値から腎臓の働きを計算してください。




11.腎性貧血と言われました。輸血はしなくてよいのでしょうか。

エリスロポエチンという製剤が貧血を改善してくれるので輸血は特別 な場合以外では不要です。




12.尿検査の意味を教えてください

糸球体腎炎では無症状であることが珍しくありません。
したがって尿検査を受けて初めて腎炎が発見されることがしばしばあります。
尿検査の異常では蛋白尿あるいは血尿のどちらか、あるいは両方が陽性になります。
尿検査は早朝尿(起床後第1回目の尿)が最も正確です。
蛋白尿の主成分はアルブミンという血液中の蛋白であり、判定はアルブミンに感受性のある試験紙法で行います。
陰性は(ー)、陽性の場合は程度により1+から3+あるいは4+となります。
常に蛋白尿が認められる場合には、24時間蓄尿を行い1日の尿蛋白排泄量を調べます。
これは外来でも可能な検査です。
尿蛋白排泄量が1日1g以上の場合は腎炎などの糸球体障害が疑われ、1日3.5g以上であればネフローゼ症候群と呼びます。
試験紙法では尿にある一定以上の蛋白がでないと陽性となりませんが、微量アルブミン尿の検査が開発され試験紙法陰性でも尿中の微量 アルブミンを検出することができるようになりました。
これにより早期の糖尿病性腎症の診断が可能です。
濾過装置である糸球体以外に腎臓には尿細管や間質という部位があり、ここが障害されると糸球体で濾過された分子量 の小さい蛋白の尿細管での再吸収が障害されるため、アルブミンより低分子量 の尿蛋白(ベータ2マイクログロブリンなど)が検出されます。
骨髄腫などで血液中に免疫グロブリンなどが異常に増加した結果、尿細管で処理しきれなくなり尿中にでる場合もあります。
尿に赤血球が混じる場合を血尿と呼びます。
糸球体腎炎などの内科的疾患だけでなく、腫瘍や結石などの泌尿器科的な原因でもみられます。
顕微鏡でみてはじめてわかる場合を顕微鏡的血尿、目で見てわかるものを肉眼的血尿と呼びます。
糸球体腎炎でみられるのは顕微鏡的血尿のことが多いのですが、急性糸球体腎炎やIgA腎症などでは肉眼的血尿がみられる場合があります。
試験紙法ではほかの原因により偽陽性となることがあるので、高倍率(400倍)の顕微鏡で1視野に赤血球が5個以上あることを確認する必要があります。
顕微鏡で赤血球に変形が見られれば糸球体由来の血尿と考えられます。
顕微鏡で観察すると、糸球体腎炎では細胞成分を含む赤血球円柱、白血球円柱、顆粒円柱、ネフローゼ症候群では脂肪円柱などがみられます。
このほかに尿細管間質性腎炎や、膀胱炎、腎盂炎など尿路系の感染症では尿中に白血球がみられます。
糖尿病で血糖値が高くなると尿糖がでますが、糖尿病ではなくても尿細管の障害により尿糖がでる場合があり、これを腎性糖尿といいます。




13.腎生検とはどういう検査ですか。どういう場合に必要なのですか。危険性は?

血尿、蛋白尿やその他の所見から、糸球体疾患あるいは尿細管疾患が疑われる場合には腎生検を行います。
糸球体腎炎やネフローゼ症候群の原因となる病気の種類には様々なものがあり、その種類により治療方法や進行の仕方がかなり異なるため、どのタイプの腎炎なのか確定診断をつける必要があります。
腎生検組織を通常の光学顕微鏡だけでなく蛍光顕微鏡や電子顕微鏡で観察するとどのタイプの腎炎か確定診断が可能です。
腎臓病の診断だけでなく、重症度の判定、治療方法の選択や治療効果の判定、今後の病気の進行の予測に重要な情報を得ることができます。
腎生検は入院して行い、検査終了後に退院する場合と、引き続き入院して治療を行う場合とがあります。
検査の前には、あらかじめエコー(超音波)検査で腎臓の形態をみておきます。
また出血が止まりやすいかどうか確認しておきます。
具体的には、ベッド上に腹臥位となり局所麻酔をした後、皮膚の上から細い針を数回刺して腎臓の組織の一部(直径1mm、長さ1〜2cmを数本)を採取してきます。
検査時間は圧迫止血する時間を含めて30分から1時間程度です。
検査後翌朝までベッド上で安静にしておきます。
現在の器械は以前より安全に組織を採取できますが、腎臓には多数の血管があるためとくに高血圧や動脈硬化の強い場合には腎周囲に血腫をつくることがあります。




14.人間ドックの腹部超音波で、片方の腎臓の中に小さな「ポリープがある」といわれました。症状はないのですが、今後どのように対処したらいいでしょうか。また、早期に手術が必要でしょうか?

腎臓の「ポリープ」というのは、あまりお目にかからない病気です。むしろ病気の説明の際に「ポリープのようなもの」と表現されたと解釈したほうが自然かもしれません。もし、そうだとすると、二通 りの想像が可能です。まず、良性の病気であることを強調しようとした場合。ポリープは一般 には良性疾患として受け入れられていますので、たとえば、腎のう胞(水がたまる袋ができる病気)や脂肪腫といった良性疾患を説明するのに、「ポリープのようなもの」と表現する可能性はあります。次に、隆起性の病気であることを強調しようとした場合。この場合は悪性である可能性もあります。




15.ビタミンCを服用すると検尿に影響ができますか?

検尿の際にビタミンCを大量に服用していると、学校検尿のように試験紙だけで 判定 する場合に実際と異なった結果になることがあります。 ビタミンCには還元作用があるため、試験紙法のなかの酸化反応によって発色す る ブドウ糖、潜血、ビリルビン、亜硝酸塩(細菌尿の検査)はその作用が弱められ 偽陰性になることがあります。したがって、実際には陽性に出るところが陰性と 誤って判定されることになります。 ただし、普通の食物に含まれている程度であれが全く問題はありません。 毎日ビタミンC(シナール)を沢山飲んでいる場合はに2、3日飲まないほうが よいと思います。 なお、病院で尿沈渣により尿中の赤血球や白血球を観る場合はビタミンCの 影響は問題ありません。




16.尿蛋白が陰性になったのですが、それでもIgA腎症は一生治らない病気なのでしょうか?

結論からお話しします。IgA腎症は治る(医学的には治癒と云います)病気ではないと考えています。IgA腎症が初めて報告されて、まだ、33年しか経っていないため、長期間の経過はまだ十分には分かっていません。しかし、長期間病状がきわめて安定している患者さんも稀ではありません。医学的には、このような状態を寛解と呼んでいますが、これは、今後、いつか再発がある可能性があるという意味を含めた考えです。IgA腎症の再発は急に悪化しません。現在、蛋白尿がほぼ陰性として、もし、いつか、再発があるとした場合、少しづつ蛋白尿が増えてゆくことになります。したがって、2、3ケ月に1回程度尿検査を受けていれば、再発してきたかどうか、すぐ分かります。そして、再発してきたら、適切な治療をまた受けて対応してゆけばよいと考えます。IgA腎症の治療も最近ではだいぶ進歩してきました。IgA腎症の長期的な経過について現状をお話ししましょう。私どもの施設ではIgA腎症と診断が確定してから、10年間治療をしながら継続して経過観察をした患者さんが多くいます。その患者さんたちの10年間の状態(医学的には転帰と呼んでいます)は約50%の患者さんが貴方と同じように、蛋白尿や血尿が少なく、腎機能も保持されています。残りの25%の患者さんが徐々に進行して少しづつ腎機能が低下しています。最後の25%の患者さんが残念ながら10年間のあいだに慢性腎不全になり透析療法を受けています。このように、IgA腎症でも治療のいかんにかかわらず、病状が安定し、中には、全く蛋白尿や血尿が消失して経過している方も少なくありません。 問題はこれらの安定した経過をとっている患者さんが、今後も続けて安定した経過をとるかどうか、まだ、はっきりしていません。したがって、今後も、主治医の先生のアドバイスを常に受けて、病状がいつも安定しているかどうかを、確かめながら生活をしていって下さい。一般 に、病状が安定している時は、生活や仕事は全く普通にしても支障はありません。また、今後、妊娠、出産についても何ら支障がありません。自分の病気をたえず見つめながら、病状に応じた充実した一生を送られることを期待しています。




17.65歳でこの10年間尿蛋白が陽性です。腎生検を受けたほうがよいでしょうか?

ご年齢を考えますと、腎生検の判断は難しいと思います。 腎生検は、腎臓の病気の正確な診断を付け、病気が進行しないための治療方針を立てるために行われています。 お若い方ですと、蛋白尿が2+から3+、ないしは、1日1.0g以上出ている場合は腎生検を行って、正確な診断を付け、治療をしてゆきます。そうでないと、1 0ー2 0年という年月の間に病気は徐々に進行して、最終的には腎機能が低下し、末期腎不全(透析療法を必要とする状態をいいます)になります(病気の種類によって進行速度は異なりますが)。 ご高齢の方も、ほぼ同じ状況ですが、残りの人生がどのくらいかによって、対応が異なってくると思います。 貴殿の場合、若い方と異なり、人生平均80年(日本人の平均寿命)と考えた場合、 腎臓の病気があっても、あと10年間透析療法を必要とするまでに進行しなければ、 現在腎生検を行って正確な腎臓の病気の診断を付け、その後、その病気の治療を しなくても、よいのではないかという考えも成り立ちます。それは、腎生検が現在では安全に行うことが出来るようにはなりましたが、多少の出血もあるため、安易には行っていない検査だからです。 そこで、貴殿の場合に腎生検を必要とする条件を考えてみたいと思います。一つは、現在、腎機能が急速に低下して来ている場合です。この場合は、正確な診断のもとに、適切な治療を行わないと、腎機能が一気に低下して、短い時間で末期腎不全に進行してしまいます。二つ目は、蛋白尿がさらに増加して、いわゆるネフローゼ症候群を呈してきた場合です。この場合は、適切な治療により、進行を抑え、蛋白尿を減少させ得ることがあります。そこで、まず、腎生検を受けて、診断と治療をすすめてゆくのがよいと思います。それ以外の場合、すなわち、15年間腎機能があまり低下してきておらず、蛋白尿もむくみが強くなるようなネフローゼ状態でない場合には、もうしばらく、主治医の先生にこのまま経過を診てもらい、病状に変化がくるかどうかを、よく観察してもらってもよいと考えます。



18.
腎生検によって推定された腎機能はどのくらい正確なのでしょうか?


腎生険では一つの腎臓に100万個ある糸球体の内多くても50程度しか見ることができないので、腎臓の組織病変の程度で腎機能を判断するのは困難です。腎機能は血清のクレアチニン値から糸球体濾過量(GFRジーエフアール)を計算して判断します。



19.
慢性腎臓病とはなんですか?


1. 慢性腎臓病は糖尿病や高血圧による腎臓障害、IgA(アイジーエイ)腎症などの慢性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎など沢山の原因による慢性に経過する腎臓病の総称で、2002年に米国で提唱され現在は世界的な用語になっています。

2. 腎臓の働き(糸球体濾過値)が60%未満に低下すると、心筋梗塞などの心臓病になって死亡する危険性が増します。糖尿病や高血圧、肥満、高脂血症などのメタボリックシンドロームは心臓病を引き起こす重要な原因となりますが、これらにより腎臓が侵され慢性腎臓病になると飛躍的にその危険性が高まります。

3. 慢性腎臓病が進行し腎不全となり透析療法をしなければならなくなる原因の第1位は糖尿病、第2位はIgA(アイジーエイ)腎症などの慢性糸球体腎炎です。年間3万6千人があらたに透析療法を日本では開始しています。

4. 慢性腎臓病は高血圧の原因となります。血圧が130/80以上の方は先の2つの簡単な検査を定期的にうけて、早期発見につとめましょう。

5. 糖尿病が進行すると慢性腎臓病になります。尿中アルブミン濃度が30 mg/gを超えたらその兆候です。腎臓専門医にも受診してください。




20.
腎機能が悪くなってきたので食事療法が必要と言われました。
  どのようにしたら良いでしょう

たんぱく質、塩分、カリウムなどの制限が主体です。専門の栄養士に教わる必要があります。くわしくは本ネットの「腎臓病のABC」を読んでください。


透析や移植につての基本][透析患者さんのために] [治療法・薬について
多発性嚢胞腎について][慢性腎炎について][腎臓移植について][その他

copyright
本サイトが提供する、文書、映像、音声、プログラムなどを含む 全ての情報を、著作権者の許可なく複製、転用することを固くお断りいたします。