基本食品構成
●D(たんぱく質0.6g/kg以下の場合)

例1:標準体重50kgの場合             例2:標準体重60kgの場合
エネルギー(30〜35)×50=1500〜1800kcal   エネルギー(30〜35)×60=1800〜2100kcal
蛋白質 0.6×50=30g 以下           蛋白質 0.6×60=36g以下
  

食品構成例
体重50kg
体重60kg
食品
数量
数量
目安量
低蛋白ご米飯・麺
300g・180g
400g・200g
女茶碗1杯150g・麺1玉
小麦粉
10g
10g
大さじ1杯
いも類
60g
60g
じゃがいも小1個
果実類
80g
80g
みかん1個
野菜・海藻
350g〜400g
350g〜400g
両手1杯
肉類
50g
50g
うす切り2枚
魚介類
55g
60g
小さ目切り身は60g
40g
40g
Sサイズ
大豆製品
50g
50g
長方形サイズ1/8位
乳製品
100g
150g
ヨーグルト1/2カップ
さとう類
10g
10g
大さじ1杯
油脂類
10g
15g
大さじ1杯

*塩分は3g〜6g。
低たんぱくごはん、でんぷん類、低たんぱくパンなど主食は一日3回とも治療用食品を使いましょう。
たんぱく質は、アミノ酸スコアーの高い動物性たんぱく質で60%以上摂りましょう。
調理法、香辛料などを工夫して低たんぱく食の食事療法を続けましょう。
上手に続けるために、栄養士に相談しましょう。


| 治療用特殊食品・低たんぱく食品 |

 

参考献立例(D) (g:省略)

※標準体重50kg

 

朝食
昼食
夕食
●低たんぱくご飯
150
●カレーチャーハン   ●低たんぱくご飯
150
●卵と野菜の炒め物
低たんぱくご飯
150
●いわしの青じそ揚げ
25
鶏もも肉
30
いわし
30
たまねぎ
40
ピーマン
20
0.3
人参
10
生しいたけ
10
2
きぬさや
3
人参
15
小麦粉
3
0.5
ねぎ
10
4
こしょう
6
パン粉
4
3
1
青しその葉
1枚
●ひじきの煮物
こしょう
6
ひじき
5
カレー粉
0.7
レタス
10
あぶら揚げ
3
●マカロニサラダ
ミニトマト
15
さやいんげん
10
マカロニ
7
減塩ソース
5
3
きゅうり
30
●里芋の味噌かけ
出し汁
15
人参
5
里芋
50
減塩醤油
5
たまねぎ
10
人参
15
粉あめ
10
0.2
ブロッコリー
15
みりん
2
こしょう
出し汁
50
●きゅうりのレモン和え
マヨネーズ
10
ピーナッツバター
4
きゅうり
40
●コーヒーゼリー
出し汁
5
0.2
インスタントコーヒー
2
味噌
2
レモン汁
5
粉あめ
15
粉あめ
10
マクトンオイル
1
100
マクトンオイル
1
●フルーツ
ゼラチン
0.8
●ほうれん草の二色浸し
オレンジ
50
コーヒーフレッシュ
5
ほうれん草
50
        黄菊
3
出し汁
5
減塩醤油
3

 

※標準体重60kg

 

朝食
昼食
夕食
●低たんぱくご飯
180
●カレーチャーハン   ●低たんぱくご飯
180
●卵と野菜の炒め物
低たんぱくご飯
180
●いわしの青じそ揚げ
35
鶏もも肉
40
いわし
40
たまねぎ
40
ピーマン
20
0.3
人参
10
生しいたけ
10
2
きぬさや
3
人参
15
小麦粉
3
0.5
ねぎ
10
4
こしょう
6
パン粉
4
3
1
青しその葉
1枚
●ひじきの煮物
こしょう
6
ひじき
5
カレー粉
0.7
レタス
10
あぶら揚げ
3
●マカロニサラダ
ミニトマト
15
さやいんげん
10
マカロニ
7
減塩ソース
7
3
きゅうり
30
●里芋の味噌かけ
出し汁
15
人参
5
里芋
50
減塩醤油
5
たまねぎ
10
人参
15
粉あめ
10
0.2
ブロッコリー
15
みりん
2
こしょう
出し汁
40
●きゅうりのレモン和え
マヨネーズ
10
ピーナッツバター
4
きゅうり
40
●コーヒーゼリー
出し汁
5
0.2
インスタントコーヒー
2
味噌
2
レモン汁
5
粉あめ
15
粉あめ
10
マクトンオイル
1
100
マクトンオイル
1
●フルーツ
ゼラチン
0.8
●ほうれん草の二色浸し
オレンジ
50
コーヒーフレッシュ
5
ほうれん草
50
        黄菊
3
出し汁
5
減塩醤油
3

 


copyright
本サイトが提供する、文書、映像、音声、プログラムなどを含む 全ての情報を、著作権者の許可なく複製、転用することを固くお断りいたします。

免責事項:本サイトの提供する全ての情報はその時点で可能な限り正確性を期しておりますが、完全性、 正確性、有用性などいかなる保証も有限会社腎臓ネットは行いません。